運営方針

一般社団法人の設立は運営方針を考えてから行おう

人の集団が何かの目的を持って活動を行なおうとする、その時に収益を出すには会社を設立すればいいのですが、内容的に非営利の場合は一般社団法人を設立するといいでしょう。人数は設立時に2名そろっていればよく、費用が安く、申請方法もそれほど難しくはないので、活動内容の方向性、そして運営方法などがしっかりとしていれば受理されるはずです。

そしてこの時に大切なのは一般社団法人についてどういったものか知っておくこと、非営利というものからボランティア活動と同じと考えている人が多いですが、それは間違っていて、こちらは非営利でありますが利益を出すこと、役員やスタッフに報酬、給与を支払うことも可能になっています。

「非営利」「営利を目的としない」といった活動を集団で行う場合に設立するのが一般社団法人で、内容を考えるとボランティア活動と同じように感じられるかもしれません。しかしながら一般社団法人というのは「営利を目的としない」活動内容でありますが、利益を出すこと、さらには役員やスタッフに給与を支払うことも可能となっています。それではここでいう非営利とはどういったものであるのか、これを理解しておかないと運営方針を考えるのも難しくなってしまいます。

一般社団法人における非営利というのは、剰余金の分配を行わないことであり、これは簡単に言えば株式会社の株主配当に相当することを行わないという内容であって、収益事業を行って利益を得ること、さらに役員に対する報酬、従業員に対して給与を支払うことは問題がないのです。これをしっかりと分かって設立しないと、どれほど素晴らしい活動内容であっても、持続することができず、活動停止になってしまうことがあるのです。これでは意味がありませんので、しっかりと運営方針を考えてから動くことが重要です。

非営利の活動を考えている場合、一般社団法人を設立して認められれば税金の面などで優遇処置を受けることができます。ただし内容をしっかりと理解しておかないと団体を持続させることは難しく、しっかりと考えてから行動することが求められます。そして社団とあることから公益事業をイメージすることが多いのですが、多様な事業活動に対応していますので、自分たちのしようとしている活動内容が適応しているのなら、一般社団法人を設立することはメリットが多くなります。そういったことをしっかりと考えていく、長く続けるために必要となってきます。

最近の投稿

Copyright© 2010 一般社団法人の設立にあたって会社との違いを知る All Rights Reserved.