資本金について

一般社団法人の設立と資本金について

集団、複数人で「営利を目的としない」「非営利」となる活動をすることを考えているのなら、一般社団法人を設立することがよいでしょう。その理由としては株式会社などと違って最低限必要となってくる資産、資本金についての制限が全くないことがあげられて、極端な話になりますが、仮に資産が0円であっても設立が可能となっているのです。
そして法的に認められた一般社団法人としておけば、個人ではできないものも取り扱うことができますので、否定する理由がなければ設立した方がいいのです。

それでは一般社団法人の設立に必要なものはなにかといえば、まずは人数で、複数とありますが最低2人いればよく、ハードルはかなり低いものとなっています。また会社の設立を考えた時にもっとも悩ましい問題となってくる資本金ですが、一般社団法人においては前述のように0円でも可能なので問題はありません。ただ申請に必要な費用は若干かかりますの用意しなければいけませんが、高額ではないので気にすることはないでしょう。

次に大切になってくるのが申請までの流れを知ることで、大雑把に説明するとまずは定款作成で、これは法人における最高規則であって、成り立ちや運営において重要な事項を定めたものになります。こちらの作成が設立の80%を占めているといってもよく、これをしっかりと作成することが重要なポイントになります。この内容によって法人運営や事業運営に影響を及ぼすこととなるので、しっかりと考えて作成することが必要になってきて、定款作成は設立手続において最も重要なステップとなります

次に定款認証手続、作成した定款が法令に適合したものであるのかをチェックするもので、書類の内容がしっかりとしていれば落とされることはまずありません。そして役員選任や代表理事選任を経て、一般社団法人設立登記申請をして受理されれば完了となります。

こういった流れで一般社団法人というのは成立はそれほど難しいものではなく、また株式会社などと違って資本金を必要としないので、思い立ったらすぐにでも作れるものとなっています。しかしながら簡単に作れても持続させることは難しく、本当に必要となってくるのは活動を長く続けることです。そのためには明確なビジョンを持つこと、運営の方向性を決めておくことが求められます。

法的な手続きは面倒さを感じさせますが、必要なことを正しく行えば受理されるので、丁寧さが重要になってきます。

最近の投稿

Copyright© 2010 一般社団法人の設立にあたって会社との違いを知る All Rights Reserved.