基準を知ろう

一般社団法人の設立における基準を知ろう

多くの人が集まって何かの活動を行う時、それが「非営利」「営利を目的としない」場合は、一般社団法人を設立することがおすすめになってきます。法律に詳しくないと良く分からないという人がいるでしょうが、大きなポイントは非営利であること、それゆえ会社の設立に必要な資本金の問題がなくなり、気楽に作ることができるのです。

しかしながら一般社団法人は非営利であっても利益を出すことは許されていますし、役員やスタッフに賞与を出すことも可能になってきます。それゆえしっかりと基準を知っておくことが大切で、理解に乏しいと設立しても持続させられず活動停止になってしまいます。

一般社団法人が株式会社などと違う点として、「非営利」であることがあげられます。しかしながらこれは利益を出すことを禁じているのではなく、剰余金の分配を行わないということにあります。これがどういうことかというと、例えば株式会社の株主配当に相当することを行わないという意味であって、収益事業を行って利益を得ること、さらに役員に対する報酬、従業員に対する給与を支払うことなどは行っても良いのです。この基準をしっかりと理解しておかないと厄介なことになってしまい、活動を持続させられず停止してしまう場合が出てきてしまいます。活動するためには資金が必要となってきて、続けるためには利益が大切になるのです。

さらに一般社団法人設立が楽だと言われる部分は設立が簡単なことで、2人いれば必要人数に足りますし、さらに会社と違って必要最小限の資本金も必要なく、最悪な場合は0円でも可能となるのです。そして申請に関しても書類がしっかりと整っていればだいたいは受理されますし、かかる費用も少ないのが魅力となっています。

こういったことをしっかりと覚えておくこと、条件を満たせば特に問題なく申請が通ります。

一般社団法人の設立は難しいものではなく、必要な条件を満たせば否認されることはまずありません。それゆえ大切なのはむしろその後の運営であって、先に明確な方向性を立てておかないと、活動を持続させることができなくなってしまいます。特に問題となるのが内容からボランティア活動と混合してしまう場合で、そうなると給料を支払わないなどのトラブルも生まれてくるので、しっかりと学ぶことが大切です。それゆえ必要な基準、内容を理解することが必要不可欠となってきて、まずは学ぶことからはじめることが大事です。

最近の投稿

Copyright© 2010 一般社団法人の設立にあたって会社との違いを知る All Rights Reserved.