会社との違い

一般社団法人と会社の違いを知って設立を考えよう

多くの人が集まってひとつの活動をしようとする、その時に法的な裏付け、保証を得ようと考えるはずです。それがいわゆる会社の設立になるのですが、行おうとしている活動内容が営利を目的としない場合は一般社団法人として申請した方が良いのです。会社として作った場合、利益が出れば出資者に対して配当金を渡す義務が出てくるのですが、一般社団法人の場合はそれが必要なくなります。それゆえ内容に合わせてあった方法を選んで設立することが重要なポイントになってくるのです。

しかしここで一般社団法人について誤解してしまう人も多くいるのですが、一般社団法人として申請、受理されて設立した場合、利益を出してはいけないのかというとそんなことはありません。あくまで社員に対して剰余金の分配を行わないということであり、収益事業を行って利益を得ることや、役員に対する報酬、さらにスタッフに給与を支払うことなどは行えるのです。

一般社団法人はボランティアとは違っていて、そのことをしっかりと理解することが重要なポイントになってくるのです。設立そのものは実はそれほど難しくなく、申請にかかる費用も簡単に用意できる金額なので作ることはできます。ただ問題となってくるのは、どれだけ素晴らしい活動内容であっても、しっかりとした方針、ビジョンがないと持続することができないということです。

活動するためには資金が必要となり、働いてくれるスタッフにもそれぞれ生活があるので給与を支払わなければいけなく、ボランティア活動と一緒に考えてしまうと運営が成り立たなくなり、活動停止に追い込まれてしまうのです。

そういったことから設立そのものは簡単なので特に問題はありませんが、後のことを、活動内容と方法をしっかりと考えておくことが求められるのです。

何かを行うためには金銭がかかるもの、そしてそれに人が関わってくる場合、給与などが発生してきます。これらをしっかりとクリアすることによって団体としての活動が可能となってきます。一般社団法人として申請した場合、配当金の必要はなくなりますが、団体として活動するために費用がかかってくることは確かなことなのです。そういった問題を事前に考えて明確にしておくこと、長く続けていくためにはそういったことが重要になってきます。理想だけでは現実を乗り越えることはできず、明確なビジョンを持って実行に移していくこと、それが必要となってくるのです。

最近の投稿

Copyright© 2010 一般社団法人の設立にあたって会社との違いを知る All Rights Reserved.