キットを利用

一般社団法人設立のためにキットを利用しよう

複数人で「営利を目的としない」「非営利」の活動を行う場合、一般社団法人の設立がおすすめになってきます。株式会社の設立と違って最低限必要な資産についての制限がなく、極端な話になりますが資本金0円でも設立が可能となっているのです。それでい一般社団法人にしておくことによって、個人では取り扱えない内容も可能となるので、メリットは大きいのです。

特に公益事業を考えている場合は、一般社団法人として登録することによって、一定の基準を満たすことができれば「公益認定」を受けられて、「公益社団法人」となることもできますし、法人税や登録免許税等について大幅な優遇を受けることが可能となります。

それではどうやって一般社団法人を設立すればいいのかというと、必要な最少人数は2人になっていて、前述したように資金に関しては0円でも可能となっています。そして必要な書類の作成、手続き、受理と続いていきます。そして一般社団法人に限りませんが、法人、役所関係というのは書類作成が重要なポイントになってくるのです。個人でも用意して作ることができますが、面倒だ、難しいと思われる場合は専門のキットを購入するのもいいでしょう。

キットの中には申請に必要なものがすべてそろっていますし、マニュアルもしっかりとしているので、それに沿って準備を進めていけば問題なく申請、受理は可能となります。

特に設立で重要なポイントになってくるのが定款作成で、これは名称や住所、目的といった基本的なこと、さらに組織や意思決定方法などの法人としての運営上の事項などを定めたものです。一般社団法人には必ず定款で定めなければならない事項があって、「必須」と表示しているのでわかりやすく、そして注意点として必須事項以外について定款で何も定めなかった場合、その事項については法律の規定に従うこととなります。

一般社団法人設立に関して難しいことは特になく、特にキットを利用すれば必要なものはすべてそろっているので問題なく行えるはずです。それゆえもっとも大切なのは作った後の運営、持続していくことになります。どれだけ素晴らしい活動目的を持っていても、実際に行動が伴わなければ意味がなく、せっかく作りだしたのに活動停止になってしまう場合もあるのです。それゆえ明確なビジョンを持って、さらに運営方針を確かにすることが重要なポイントになってきて、設立前にはっきりとさせたいものとなっています。

最近の投稿

Copyright© 2010 一般社団法人の設立にあたって会社との違いを知る All Rights Reserved.